FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末から激務で、外部と遮断されていました

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

日曜、月曜と少しカンヅメになっていました・・・



ホント最近よく見かけるようになりました。
特にクロスバイクやマウンテンバイクにお乗りの皆様。

そんな方のほとんどは、なんでアウター X トップなんでしょうか?

自宅の近所や事務所の周りでもホントによく見かけます。

私が子供のころに乗っていた自転車は、トップチューブにギアチェンジレバーが鎮座し、セミドロップハンドルと言われる若干スポーティーな自転車でした。
右後ろには折りたたみ式のカゴが装着され、サッカーボールが押し込まれていましたが、その時の私の認識こそが、今スポーツバイクにお乗りになられてアウターXトップを踏み倒している方々のそれと一緒なのではないかな?

そう、山路少年の脳内で「スピード出せ!」という場合は、否応なしに6段へ(これは一番重いギア)
「坂だ!軽くしろ!」という場合は、間をすっ飛ばして1段へ(これは一番軽いギア)

というように、10歳の当時1段と6段のみを使い分けるという極端な少年でした。

そもそも変速装置というのは、車に詳しい方ならわかると思いますが、できるだけ同じ回転数で道路の状況に合わせてギアを調整することでエンジンの出力を効率的、かつ経済的に走行するための装置なわけですが、自転車も同じです。
人間というエンジンを効率的、かつ経済的に推進力に換えるために変速装置が存在するのです。

ペダリングの効率は諸説云々、その辺はプロにお任せしますが、一般的なサイクリングでは毎分110回転前後でペダルを一回転させるスピードでペダリングするのが効率的だと言われています。
正確に回転数を測定するためには、ケイデンスを測定できるサイクルメーターなどが必要になってきますが、そこまでする必要はないので、私の経験上のお話で、ちょっと早めのサザエさんを頭の中で歌いながらペダリングをしていただくと大体110回転前後になると思います。

お・さ・か・な・く・わ・え・た・ド・ラ・ね・こ・・・・・ です。

上り坂などで、サザエさんの歌が遅くなってきたなぁ~
っと思ったら、ギアを軽くしてテンポを戻し、下り坂や平地などで、ちょっとサザエさんが早くなってきたあぁぁ
っと思ったら、ギアを重くしてテンポを合わすというために変速装置ってあるんです。

今のギアのままでサザエさんをちょっと早めに歌った時に、ペダリングのテンポがずれているあなたは、ギアが重すぎか軽すぎのどちらかだと思います。

とはいえ軽すぎの人ってあんまりいませんので、その結果アウターXトップの方がいっぱいいらっしゃるんじゃないかなぁって思っています。
あんまり重いギア踏みすぎると、膝にも腰にも負担がかかりますし、女性の方は何といっても足が太くなりやすくなりますよ。

そもそも、変速機の使い方なんて、操作方法だけでサザエさんの歌をちょっと早めにうたえるようにペダリングしろなんて販売店では教えてくれないかもしれませんね。

さぁ、今日から皆さんもレッツ変速!

お・さ・か・な・く・わ・え・た・ド・ラ・ね・こ・・・・・ です。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 11:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

サザエさんの歌ですか!? 分かりやすくていいですね。
私はケイデンス計測のサイコンは持っていないので、単純に平地を巡航して一番気持ちよく走れる回転数を時計で計測しましたが、80回転ぐらいでした。遅すぎですねぇ~
エスケープR2のワイドレシオですから、なかなか美味しいギアが見つけにくくしています。かと言ってヒルクライムをクロスレシオのスプロケに交換して登る自信もなく今のままですね。どっちを採るかは脚がついてくればクロスレシオなのでしょうが、現状は貧脚なのでこのままです。
それでは更新頑張ってください!楽しみにしています!!応援ポチ☆

| KIKU | 2010/04/13 16:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/73-5f3d4135

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT