FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夜の台湾で大騒ぎをする

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

台北ショー2日目。
本日は、正式にアポイントをしている4社と打ち合わせ。
無事、どの相手先とも良いコミュニケーションができ、今後の活動に弾みがつきそうです。



展示会でのアポイントに関して、時間の約束はあって無いようなもの。
1時間待ちなんてざらですし、場合によっては相手がいなかったり、こなかったり
なんて事もしばしば・・・
まあ、年に一回のこの日のために詰めてきた事を決断したり、修正したりするわけですから短い時間では済むはずもなく、議論が白熱してしまうとなかなか中断することも難しい。
そもそもどなたも遊びできているわけではなく、人によってはその場で数千万、数億円というオーダーを決めなければいけない場合もありで、多少の遅れは仕方ないと思うようにしています。

しかしながら、今回すべてのアポイントは時間通り行われ、時間通りに締めくくることができたんです。
これ、私にとっては快挙で、これまではミーティングの時間中に次のアポイントが気になって集中できなかったり、待ち合わせ場所で待っていても完全にすっぽかされてしまったりという経験がありますが、こんなにスムーズに行くなんて運がいいとしか思えません。
ありがとう台湾の神様。

すべての仕事が無事に終わり、余った時間は会場内を再度見学。
何度も言いますが、今の立場と業務になってから、ホントに見るものが変わった。
正直、自転車そのものや部品などはあまり興味が無くなったというか、全く新しいものやややこしそうなものでない限りは基本的にチラ見のみ。
重くなるカタログもいらないので、会場でヘビー級のかばんを持ち歩くことも無くなり快適。
その代わり、特に会場の壁際に出展しているような小さなブースを良く見て回るようになり、彼らが出展しているネジやら曲げ物やらといった、少し変わったものを良く見るようになりました。
いくつかの面白そうな製品のカタログはいただきました。

夜は以前の会社でお世話になっていた取引先が主催するパーティーに出席。
おしゃれなバーがある地下のパーティースペースで、50人くらいが終結して始まったパーティーは1時間もしたら完全な「ドンちゃん騒ぎ」になっていました。
DSC00045.jpg

おしゃれなレストランです。
私はというと、当然そのドンちゃん騒ぎの中心にいないわけがありませんので、ドイツとカナダの代理店の連中と「乾杯」を繰り返し、当然ヘロヘロに・・・あまり飲めないんですけど、こういうのは好きなんです。
DSC00041.jpg

どこかで見たヒトもいました。

3年ぶりに台湾のパパとママと慕うお二人と馬鹿騒ぎができて楽しかったです。
DSC00036.jpg

台湾のママ。
ホントにいろいろと頼れるヒトです。
酒がとても強い・・・私は真っ赤!
やっぱり商売はヒトとヒトがつながって信頼ができるんだと思います。
ただ酒飲んで騒いだだけですが・・・

というわけで、今日のお仕事も無事終了。
明日はさっさと帰ります。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/49-21b9dd4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT