FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大雪から逃れ、太陽のがまぶしいところへ

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

さて、3日間滞在したミネアポリス。
たくさんのご縁に恵まれ、またお互いのパートナーシップを改めて確認することができた、有意義な3日間でした。



滞在期間中は、完全な雪に見舞われ、毎日の車からの『雪下ろし』と、『降雪の中の車通勤』を経験させていただき、雪国の人の大変さが身に染みてわかりました。

滞在最終日となる昨日は、PARKTOOL社の新社屋&工場の落成式で、PARKTOOLに関係する様々な方がお祝いに訪れ、総勢300名を超える大パーティーに参加。
社長のエリックを始め、ホストとなるPARKTOOLのメンバーは、思い思いに真っ青な『PARKTOOL BLUE』のドレスやスーツで装い、来場者を手厚く迎えます。

eric.jpg
社長のエリックとツーショット、社長になる前と比べて、とても深みが出ました。
ちょっと偉そうに聞こえてしまいますが、以前のエリックは、ちょっと無愛想な感じで、まだまだリーダーっていう感じじゃなかったですが、ここ最近は雰囲気が変わったというか、貫録が出て、立派なリーダーになったと思います。

しかし、こちらの人は、やっぱりあれです。
まぁ、パーティー慣れしているというか、こういった場を本当に楽しんでいらっしゃる。

心なしか、お年を召した方が多かったんですが、元従業員とか関係会社とか、リタイアされている方が、奥さんを連れて、おめかしして、楽しんで帰られる。
こんなコミュニケーションがアメリカンなんだと、ある意味うらやましく、ある意味アジア人にはできんなと、改めて思った次第。

生バンドが演奏する中、リアル『バックトゥーザフューチャー』よろしく、初老の夫婦が笑顔でダンスを始めるなんて、日本で生活してたら、なかなかお目にはかかれませんよ。
しかもバンドメンバーも、どう見ても80オーバーってな感じですから、そのパワーたるや、恐れ入ります。

cake.jpg
唯一このケーキが辛かった。
おめでたい、お赤飯ならぬ『PARKTOOL BLUE CAKE』なわけですが、そのバターと砂糖の絶妙なハーモニーは、のどに入れた瞬間に、喉を焼く程の甘さ。
cake2.jpg
思わず喉を押さえるほどです。

まぁ、大変おめでたい席だったので、多少の食文化の違いはノープロブレム。
また太ったことは、明らかなので、何とか痩せるために運動したいと思います。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト

| 業務日誌 | 03:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/403-1055d745

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。