FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドゥロワーにはどんなヒトがいるの?

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

一昨日の雪はすごかったですね。
私の事務所がある、ここ横浜も久しぶりの雪で大変でした。
ちなみに自宅の周りには、まだ雪が残っていまして、本当に横浜市?と疑うほどです。

おかげさまで背中の痛みもだいぶ良くなっては来たものの、いまだ痛みはありますので早く保険証を手に入れて病院に行きたいところです。

さて、今回はドゥロワーにはどんなヒトがいるのか?についてお話していくことにしましょう。


2010年1月からスタートしたドゥロワーには、現在のところ代表である私だけの会社です。
もちろん未来永劫、私一人でということは考えていませんが、将来的に計画している事業に関しては、実のところあまり社員を多く必要とせず、どちらかというと外部のヒトも含めてコミュニティー的に広がっていく輪の中心にドゥロワーはあり続けたいと考えています。

では、そのドゥロワーを立ち上げた張本人をご紹介するとしましょう。

andrew.jpg
ドゥロワー代表の山路です。

1973年10月11日生まれの36歳。
東京都出身、育ちは埼玉県川越市。
埼玉県川越市立高階南小学校。
埼玉県川越市立寺尾中学校。
私立大東文化大学 第一高等学校。
私立大東文化大学 経済学部 経営学科

小・中学生時代は、地元の強豪チーム「高階イレブンス」で不動の右サイドバックとして、サッカー漬けの毎日を送ります。
中学卒業を間近に控え、自転車を強く意識するようになり、近所の自転車店に「BMX」を買いに行くも、そんなものは扱っていないということで、やむなくブリヂストン製のマウンテンバイクを購入。
しかしこれがきっかけでマウンテンバイクにのめり込みます。

間もなくマウンテンバイクを購入した自転車店よりも近い場所に、もっとスポーツバイクに強い自転車店があるということがわかり、後の私の人生を大きく左右することになる「サイクルファクトリーアライ」が主宰するクラブチーム「アライレーシング」に参加。
マウンテンバイク、ロードレース、シクロクロスと自転車三昧の日々を過ごし、同時にアルバイトもさせてもらい、土台となる自転車の知識をそこで吸収しました。

大学卒業後は、まともな就職活動はせず、当時アルバイトしていたサイクルファクトリーアライでも商売道具として使用していた「HOZAN」製の工具を見て、この会社に入って自転車業界をもっと深く見たいという衝動に駆られ、1通のハガキに膨大な量の思いを綴り、その思いが通じたのか当時新卒採用予定がなかったホーザン株式会社に入社。

7年半を工具メーカーというある意味特殊な位置から自転車業界に携わり、MTB日本代表チームメカニック、MTBワールドカップでのメカニック業務など数々の貴重な業務を経験。

その後、ロックショックス(米国)の日本総代理店の移行に伴い、新たな業務ルーティン構築と部品販売事業拡大を目的として株式会社ジャイアントに入社。
アフターパーツのブランド統括を含め、パーツ&アクセサリーの事業ルーティンの構築やアフターサービス網の整備などの業務を行い、2007年より営業課シニアマネジャーへ。
日本国内における全ての取扱製品の販売責任に関わります。

一方で、2006年より財団法人自転車産業振興協会が主宰するスポーツバイクメカニック(SBM)にて、主にサスペンション、ブレーキシステム、完成車組み立てについての講師を担当。
ライフワークの一環として携わっていた「人材育成」に興味を持ち始めることに。

そして2010年
自転車業界の次の人材を育成するため「ドゥロワー」設立。


と、だらだらと自身の半生を綴ってきましたが、アルバイト時代を含めると20年間も「自転車」に関わってきたことで得たものを、次は他の誰かに伝えることで次の山路を作ることに全力で取り組みます。
※山路は何人もいらなんですが・・・

まだまだ一人の社員しかいない、小さな小さな会社ですが、長く携わってきたこの自転車に関わる人たちがもっともっと増えていき、ここ日本に安全で楽しいスポーツバイクの文化がしっかりと根付いていくことを夢見つつ、一歩づつ積み重ねていきたいと考えています。

では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| インフォメーション | 09:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/4-c55a6938

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT