FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Discover Tomorrow

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

さて月曜日。
前日サザエさんを見て悲しんでいるような歳ではないので、元気よく1週間をスタートさせました。
しかも、明るい未来に思いを馳せるという壮大な事もちょっとだけできたので、良い一日と言えるかな?



日中は普段通りの仕事だったわけですが、夕方からとあるところへ。
新橋から、ゆりかもめに乗って『船の科学館前』で下車。

バスに乗り換え、普段は全く接点のない場所へ・・・。
降りたところは『中央防波堤埋立処分場』

行ってきたのはここ
まぁ、早い話が東京湾に浮かぶ、埋め立て地ですな。

ここに何しに行ったかというと、ご存じのとおり現在IOCの視察団が来日してるですよ。
そう、『東京はオリンピックにふさわしいところなのかね?』という素朴な疑問の答えを探しに来てるですよ。

しかもこの場所は、彼らが『よし日本でオリンピックさせたろうじゃないの!』と腹をくくってくれた暁には、マウンテンバイクを始めとする自転車競技のメイン会場になる場所でもあるっていう、自転車乗りにとって『神聖な場所になる予定』の場所なわけです。

我々の業界も、オリンピックにはいろいろと期待することもあり、ぜひ我が国日本でオリンピックを開催して欲しいという願いをかなえるために、できることは何でもやろうぜという事で、視察団を乗せたバスに手を振りに行ってきたわけです。

『手を振る』という行為自体にどれだけの効果があるか否かは、我々にはわかりませんが、『やりたいんだ』という意思をアピールするという熱意を伝える上で、すぐにできるという事を実践したまで。

後は、偉い人たちが『いろいろな事』をしてくれて、様々な思惑の中で事が決定していくんでしょうが、少しばかりの期待を胸に、東京ゲートブリッジを若洲方面からわたってくる視察団が乗ったバスに向かって手がちぎれんばかりに振ってきたというお話。

tefuri.jpg
視察団を待つ、『手振り隊一行』

tefuri3.jpg
急な招集にも関わらず、自転車好きな方を始め、いろいろな方が集結し、思い思いに熱意を伝えた30秒!
バスの中からは、手を振りかえしてくれる視察団の姿が薄っすらと確認できましたが、どうなるものやら。

tefuri2.jpg
おっと、某会長も自ら手を振ってアピールです!

さて、とりあえず明日でも探しに行きますかね・・・。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト

| 業務日誌 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/394-aa4bc896

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。