FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本物のパリっ子を拝みにきました

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

雑誌でよく見るパリっ子を拝みに海外出張に来ています。



最終目的地は違うのですが、エアチケットの関係で成田からパリへ。
フランスは人生初上陸ですが、運悪く3列席の真ん中席を変更する事ができず、超厳しい移動のため、シャルルドゴール空港に到着直後のテンションは激悪。

成田のカウンターで変更依頼してダメ、ゲート前で変更依頼してもダメ、最後の頼みで機内に入ってからCAに空いてるとこあったら移動させてってお願いしても結果ダメの完全満席状態。

12時間は長かった・・・。
やっぱり長時間フライトは通路側に限ります。
で、次の便はシャルルドゴールから、オルリー空港に移動しなくてはいけなかったので、途中パリ市内を観光、いや間違い、視察しようとタクシーで移動。

まず最初の視察地。
DSC00059.jpg

そうルーブル美術館ですよ。
えぇ知ってますよ。
だって、ダビンチコード何回も見ましたから。

視察できる時間は少ないので、的を絞って一気に回ります。
確かに言われているとおり、まともに見たら1日コース。
美術館のスケールがでかすぎて、圧倒されるとはこのことだと・・・。

ルーブル完全になめてました。

で、ミロのヴィーナス、モナリザ、サモトラケのニケ、ナポレオン一世の戴冠式などなど・・・
超有名な美術品の数々を堪能。
無学な私にもビンビン響きます。
特にサモトラケのニケは圧巻。
ぜひ見てほしい。
展示の仕方もいいんでしょうね、まぢでかっこよかった。

平日なのですいていたのもあり、モナリザも並ぶことなく見れました。

しっかりルーブルった後は、オルリー空港へ移動。
その途中、シャンゼリゼ通りと凱旋門を通過。
ロード関係の方は、ここはおなじみと思いますが、私のとっては初でして、かなりテンションあがりました。

その後、渋滞を経て40分くらいでオルリー空港へ。
21時過ぎてしまっていて、メシも食べれず、スペインマヨルカ島行きの飛行機へ搭乗。
DSC00060.jpg

このときで自宅を出てから23時間程。
ちょっと疲れが出始めました。

座った瞬間に寝オチ。
3時間ほぼ寝っぱなしで、パルマ・デ・マヨルカ空港到着。
到着地の温度は3℃。

えぇぇぇ!
マヨルカ寒っ!!
パリがマイナス1℃だったのに変わんねぇじゃん!

まぁ文句言っても始まらないので、空港からホテルまでバスで移動。
担当のおばちゃんからアナウンスで、ここから約1時間・・・

っておい!
まだ1時間もあんのかい!
すでに自宅でてから26時間は経ってんだぞ。
もういい加減にしてほしい。
前日も準備が終わらずに夜中にドンキホーテ行って寝てないのに・・・。

まぁいいや。
バスが激寒だったけど、運ちゃんに文句言う気もうせて寝る。
1時間でホテル到着。
DSC00061.jpg

リゾートですな。
ようやくチェックインできて、自宅でてから27時間後にようやくベッドに入ることができました。
めでたしめでたし。

で、最後に事件が!
風呂のお湯が出ない・・・
フロントに文句言う気もうせてねる。

どうなることやら1週間がんばります。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 16:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

生きて帰ってきてくださいね。

| なかやま | 2012/02/13 16:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/328-9a446fc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT