FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PARKTOOL SCHOOL 2011年度7月期受講生の皆様へ

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

新しい年になり、新たな気持ちで仕事に取り組んでいる今日この頃ですが、昨年PARKTOOL SCHOOL 7月期を受講された方々にご報告させていただきます。



当方がスクール事業を行うにあたり、最も苦慮するのは、実は教材の確保なんです。

様々な方に受講いただくためには、出来るだけ沢山の教材を準備する必要があるわけですが、立ち上げ間もない私どもに、当時快くご提案をいただいたのは、キャノンデールジャパン様でした。

おかげさまで、今では教材の確保も安定的に行うことが出来ていますが、当時手を差し伸べていただいた恩は忘れることが出来ません。

さて、その当時といえば、未曾有の大災害となった東日本大地震の復興の真っ最中。
支援用に必要な自転車を組まなければいけないということで、PARKTOOL SCHOOLで教材として提供していただき、受講生が組み上げたものが被災地に送られるというコラボレーションで、復興支援と人材育成が同時にかなうというものでした。

あれからすでに半年が経過し、受講生達が組み立てた自転車がどのようになっているかなぁ~なんて思っていたら、キャノンデールジャパン様が、その支援活動の様子をまとめた映像をYouTubeにアップしてくれていましたので、このブログでの掲載を持って、PARKTOOL SCHOOL 2011年度7月期受講生の皆様に最終報告とさせていただこうと思います。



まだまだこれからも長く続く復興活動ですが、出来ることをしっかりと続けていきたいと思います。
7月期受講生の皆さんありがとうございました。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 15:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

8分間のビデオ、全部見ました。パークツールスクールで学んでいるときは、自転車組立そのものに夢中で、組み立てられた自転車が被災地支援に贈られるということは頭の中でしか分かっていませんでした。キャノンデールさんのイニシアチブで全国の自転車販売店さんが協力していた、その中で遊ばせてもらいながら少しだけお役に立てたことが実感できました。素晴らしいスピリットに支えられていたクラスだったんですね!

| D-class: Minato | 2012/01/12 16:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/322-00d2b251

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT