FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

多分ポリシー持ってやってるんだと思います。

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

恐らくこの方は、ちゃんとした理由があってやってるんだと思いますが、一般的にはあまりよろしくない状態だということで認識していただいた方がいいと思います。



ここは横浜のとある場所。
有名なプロサッカーチームの本拠地でもあります。

ちょっと用事で訪れたのですが、ふと自転車置き場を見ると、真新しいクロスバイクが・・・

有名どころのブランドではありませんが、ロゴを見ると世の中的には有名ブランド。
DSC00540.jpg

しかしながら、随所にノーマルでは無いと思われるこだわりが見え、売ったヒトにこだわりがあったのか?
それとも買った側なのかはわかりませんが、とにかくいろいろとこだわったパーツセレクトがなされていたのです。

で、そのこだわりの一つともいえる、カラーカラー。
あっ、カラー(スペーサーね)とカラー(色つき)を掛けちゃってますけど、軽く受け流してくださいな。

ヘッドチューブがやたらと短いにも関わらず、なぜかフォークコラムが異常に長いというアンバランスを、カラーカラーをたっぷりと使うことで「おしゃれ」に演出しています。
DSC00541.jpg

ちなみに、このようなパイプ状の部品の場合、支点となる場所から力点までの距離がパイプの直径の2倍以上ある場合、相当量の力が支点に掛かりますので、最悪折れたりしますから注意が必要です。

さらに、トルクの考え方をそのまま当てはめると、力点に掛かる力×支点から力点までの距離となりますので、仮にハンドル部に30kg程度の加重が掛かると、15cm程度の距離にある支点には、単純に450kgf/cmのトルクが掛かりますので、ペダルとかBBとかを締め付けるときの力と同じくらいの加重がこのコラムに掛かっていることになります。※あくまで単純計算ね

でも、こだわってるんだよなぁ・・・
きっとこのヒトにはフレームが小さいんだろうなぁ・・・

色にこだわる前に、ちょっとだけ安全性にこだわって欲しいと感じた週末でございました。
皆様もお気をつけあそばせ。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| スナップ! | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/293-37374959

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT