FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たな試みをしようと思っています

みなさんこんちは
ドゥロワーの山路です。

ウェブサイトもできた。
コンテンツも少しずつだけど立ち上がった。
おかげさまで、受講者も少しずつだけど増えてきた。

次にやることは・・・



PARKTOOL SCHOOLの反響が思いのほか良く、昨日は関西地区の販売店さんに「行きたいけど通えない」と、どうしようもないことを言われる。

ごめんなさい。
今は横浜でしかできません。

もう少しドゥロワーが大きくなるまで待ってはくれませんか?
全国47校を目指していますので・・・

さて、今後も少しずつコンテンツを増やしていく予定ですが、それだけでは魅力が無いだろうと思うわけです。
つまり、お金を掛けて受講していただくわけですから、単純にその見返りが自己満足だけではなく、他人にも認めていただけるものでなければならないと・・・

ご存知のとおり、自転車業界には国家基準的な後ろ盾をいただくことができる免許と言うものは存在しません。
つい数年前までは、整備士免許なるものが確か準国家試験とされていましたが、残念ながら今では違います。
つまり、極論で言えば何の免許が無くても技術と知識、経験こそがステイタスということになります。
それ自体を論じるつもりはありませんので、良い悪いという事も含めて割愛しますが、学びたい方々に対して、学びを提供し、頑張った方にはその証をあげようじゃないか、という至極当たり前のことをしようとしています。

まだまだ、これからその枠組みを作ることから始めていかねばなりませんが、ちょっとわくわくしています。
ぜひ、多くの方がそれに賛同していただきつつ、それを受講した方々が、この業界の最前線で力を発揮してくれることになれば、それ以上の喜びは無いでしょうね。

今日は、そんな夢を見ることができた日でありました。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/249-ce44e812

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT