FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝えるチカラは万国共通

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

台北ショーは最終日ですが、昨日一足先に台中に移動し、とあるカンファレンスに出席。
ヒトは学ぼうと思えばどこでも学べることを、またしても思い知りました。



雨の土曜日の朝は、ちょっとだけアンニュイな気分にさせ、頭痛持ちの自分としては少しつらいかなと・・・
台中市内からちょっと離れたリゾート温泉がその会場となっているので、仕方なく早朝から起床。
朝イチで朝食を取っていると、台湾のお坊さんの集団がやってきた。
へぇ~、台湾のお坊さんはこんなホテルにも泊まるんだ。
くらいに思っていたら、食事の内容も様々で、完全な粗食もあれば、てんこ盛りにしている方、さらには完全なアメリカンスタイルの方まで本当に様々。
おまけに食べる前に手を合わせる方は少数派で、いきなりがっつくような方までいたので、台湾のお坊さんに対するイメージが、がっつりと崩れた朝でした。

そんなお坊さんを横目にそそくさと朝食をすませ、タクシーに乗って一路会場へ。
土曜日と言うこともあり、朝のラッシュがないことから滞在しているホテルから約20分で到着。
途中、山の中をぐんぐんと上っていくので、どこまで連れて行かれるのか不安になるくらい、霧がかった山道を抜けると立派なリゾートホテルが・・・
その隣にある、何だかの研修センターがその会場。
DSC00502.jpg

曇っているのであんまり見えませんが、台中市内が一望できるちょっと優雅な場所ですな。

で、8時半から夕方4時半までのびっちりスケジュールでちょっと疲れました。
スケジュールやアジェンダはどうって事ないのですが、話される内容やプレゼンターのスキルがちょっと低いかなと・・・
こんな風に批評すると、お叱りを受けてしまいそうですが、やっぱり仕事柄そういう点に興味がいってしまい、立ち位置や声のトーン、スピード、プレゼン資料やそもそも発表する中身など、全てにおいてちょっといただけないと言うか、自分だったらこうするのに・・・という比較をし続けた一日で、ある意味良い勉強になりました。

で、終了後は参加者全員でディナーパーティー。
DSC00500.jpg

地元の方と思われるバンドもあり、歌もありですが、誰も聞いていない感じで、ここでもただ単に歌が上手い、楽器が上手では伝えることはできないんだなと・・・
それよりも後半に出てきた姉妹デュオの方が、よっぽど男性の目線をひきつけており、欧米のおっさん連中がただのカメラ小僧になっていたのは笑えます。
と言うことは、やはり本質は大事。
でもその本質を伝えるには、少しばかりギミックも必要という事で、ヒトを感動させるにはいろいろとお金も手間も暇もかかると言うことを台湾でも学ぶことができます。
というわけで、ようやく帰れます。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/218-8666a9df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT