FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女性のための自転車学を考える

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

昨日は、5月ぐらいから開講したいと思っている講義について、その内容精査のための打ち合わせに都内某所へ。
ご担当の方と1時間ほどの打ち合わせですが、女性の担当者からは意外なお話が聞けました。

なんでも、もっと女の子も自転車の事が知りたい人はたくさんいらっしゃるということ。
どうやら最近本屋に平積みされている女性向けのハウツー本などが、大変売れているというのはウソではないらしい。

もっと女の子だって何でも知りたいんだそうです。



今回の打ち合わせテーマは、自転車に関する講座を開講するにあたって、その内容を精査して開講に向けてのプレゼンテーションに備えるというもの。

お話をさせていただいているのは、以前にもご紹介しました自由大学さん。
毎月新しい講義が増えていっていますが、さらに新たな講義を「発掘」するために、月に1度位のペースで「レクプラ」と呼ばれるコンテストを開催しています。

正式には「レクチャープランニングコンテスト」。
レクチャーする人が、レクチャーされる人に対して「こんなことを教えたいんだけど興味はありますか?」というプレゼンテーションを行い、評価された講義は自由大学の正式講義として採用される仕組みになっています。

打ち合わせに先立って、あらかじめ自身の考える講義内容をシートにまとめて提案しておいたのですが、対象となる受講生は20代~50代の男性という設定で考えていました。

自由大学さんとの打ち合わせでは、男性と女性それぞれ1名づつの方と打ち合わせをさせていただいています。
前回の話の盛り上がり方から、男性のご担当の方との打ち合わせで内容が決まっていくものと思っていましたが、今回の打ち合わせでは女性のご担当の方からのご意見が大変多く、しかも相当熱が入ったものでした。

そのご意見をひとまとめにすると「女の子ももっと自転車について知りたいんです」というもの。
やっぱり自転車と言えば、日常の足にも使えて便利で身近な道具なのですが、機械的なものも多く、やっぱりイメージ的には「男の子のモノ」と考えるのが一般的、というか業界的・・・

私も読みたいと思っていますが、最近話題の「女子ラーメン部」などはその最たるもので、世の中の思い込みは得てしてマーケットを自らシュリンクさせている典型である、という常識を覆すヒントはいくらでも転がっているし、やってみなければわからないという当たり前の事に今回改めて気づかせていただきました。
担当Sさん、ありがとうございます!

じゃあご期待に応えてやってやろうじゃぁありませんか!
「女子じてんしゃ部」!!!

今月のレクプラは、今週土曜日に自由大学で開催されます。
全国の「もっと知りたい女の子」に向けた熱いご提案をしてきます。
どうなる事やら・・・


では、次の引き出しをお楽しみに。



■自由大学|レクチャープランニングコンテスト
http://freedomuniv.wordpress.com/2009/12/30/lp/



スポンサーサイト



| 業務日誌 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/21-09c2dbb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT