FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Life is ・・・

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

少しづつですが、ドゥロワーは前に進んでいます。



今回の出張は、次への一歩を踏み出す上で大変重要な契約のために来ているのですが、世界の自転車業界の中心にある台湾では、日々いろいろな事が変化しているのを痛感しました。

ぶっちゃけ、この国の早い変化に対応できる人材がいれば、いくらでも仕事はあると思います。
早く本来の役目が果たせるように自身の足場固めを急がなければいけません。

しかしながら、先日来のテナント探しといい、今回の訪台といい、少しづつですが前に進んでいる事が実感できるようになってきましたので良しとします。

今回は予定をあまり詰め込まず、大事な予定だけを入れて、その後はお決まりの「現場対応」です。

まずは午前中になまった体を何とかしようと、台中市内の自転車屋めぐりを兼ねてホテルからランニングです。
結局10kmも走ってしまい、結構フラフラです。

で、一度ホテルに帰って、たまっているデスクワークをひとつづつ片付けます。
ホテルに缶詰っていうのは結構集中できるもんだと改めて感じます。

昼ごはんついでに、前から興味のあった自転車屋を見学。
いろいろと思いつくこともあり、今後の良いヒントができました。

夕方は、こちらの友人と待ち合わせて、別の自転車屋へ。
こちらはモダンなプロショップで友人の行きつけの店。
販売している商品も高額品ばかりで、なかなかのお店でした。

結局その店には1時間ほど滞在したのですが、良い店はやっぱり居心地が良いのでしょうね。
この雰囲気というのは、店主が作り出すもので、単なる品揃えや販売戦略だけでは成し得ないものです。
その店主の持っている人柄も含めて重要な要素となるため、成功する店というのはその店主を見れば、大体分かるようになってきたのも自身の財産ということでしょうかね。

ありがたいことです。


昨日、Twitterで友人がヨーロッパ出張中にホテルのテレビに映った言葉をツイートしていましたが、まさにそれを感じる日となりました。

Life is a collection of experiences.

訳すれば、人生は経験が紡ぎ出すかけがえのないもの。
っていう感じでしょうかね?

今日も経験値を上げるため、弱いスライムであろうと超強いボスキャラであろうと勇敢に立ち向かおうと思います。

きっとやられても誰かが「ザオリク」と呪文を唱えてくれると信じていますので・・・
             ↑
         これ復活の呪文ね。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 10:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

『バルス!』・・・(笑

| taiwan支部@ | 2010/08/10 14:08 | URL |

No title

それは「滅び」の呪文ですがな・・・

by パズー

| ドゥロワー | 2010/08/10 15:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/140-9df205a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT