FC2ブログ

ドゥロワーの引き出し

2010年の区切りの良い年に独立起業いたしました。20年間携わってきた自転車業界で得た知識をフル活用し、次の自転車業界のための人材を育成しようとたくらんでいる「ドゥロワー」の日々を徒然なるままに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰巣本能をくすぐるためには、素敵なアジトが必要だ。

みなさんこんにちは
ドゥロワーの山路です。

昨日は高額な自転車を組み立てる作業があったのですが、、
早く自分の作業場が欲しい、と常々思っています・・・



これまで、自転車をいじる作業においては、その環境に大変恵まれており、何不自由なく思う存分作業する事ができましたが、現在はクライアント様の事務所や会議室、作業場を持っているクライアント様であれば言う事なしなのですが、なかなかそんなに甘くはありません。

昨日の午前中は毎週恒例になっている浦和参り。
終了後は都内に移動して、アメリカ大使館の警備にビビりつつ、その近所で打ち合わせ。

来週は、また新しい仕事にチャレンジです。
行政刷新委員会のごとく、鋭くメスを入れたいと思います。
楽しそう・・・

そのまま、広尾のクライアント様の事務所に寄ってカタログを補給。
この時点で6時前。
昼飯食べられませんでした・・・orz

終了後は倉庫に移動し、本日のメインイベントである「自転車組み立て」に取り掛かります。

残念ながら私のモノではないのですが、大切なクライアント様のお客様のものという事で、いつもどおり慎重かつ大胆に作業を行います。

部品は苦労して集めましたが、何とかOK。
途中ボトムブラケットが入りにくく、タッピングが必要になってしまい、チタン素材という事もありかなり慎重にやりましたが、何とかクリア。

というか、青空の下(すでに真っ暗でしたが・・・)でのBBタッピング、それもチタンフレームとなると結構大変です。
このとき本気で思いました。

自分の作業場が早く欲しい!

と・・・

こうこうと明るく照らされた素晴らしいワークベンチ。
高級なフレームをがっしりと固定できる優れたワークスタンド。
肌触りの良いウェス。
整理されたゴミ箱。
パンパンに圧縮された空気の充填されたコンプレッサー。
そして、完璧にコントロールされた空調設備。

う~ん、セレブ。

セレブリティ溢れる環境の中で組み立てられた自転車と、青空の下で渾身の力で組み立てられた自転車のどちらが優れているかを論じるつもりはありませんが、あくまでも作業者の満足度という意味では、そんな環境を手に入れるべきだと思います。

何しろ、作業終了後の私は、かなり臭っていたはずですから・・・

来たるべく素晴らしい未来の仕事場に、淡い思いを抱きつつ、今日もがんばろうと思います。


では、次の引き出しをお楽しみに。
スポンサーサイト



| 業務日誌 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://openadrawer.blog122.fc2.com/tb.php/109-412c7a52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT